自閉症 原因

自閉症の原因などについて調べてみました。自閉症には知的遅れがなく一般的にIQ70以上あり知的指数が高いことから「高機能自閉症」と呼ばれるタイプと、知的障害があり知的指数が平均して低い「低機能自閉症」と呼ばれるタイプ、他に「アスペルガー症候群」と呼ばれるタイプに分けられます。自閉症は早期発見が良いと言われているみたいなので、赤ちゃんでも自閉症の疑いがあれば病院ですぐに検査を受けましょう。自閉症の診断はICD-10(世界保健機関)とDSM-W(アメリカ精神医学会)の診断基準で診断され、3歳以降に確定診断されるそうです。しかしどちらも「高機能自閉症」のカテゴリーがないようなので、詳しくは医師に相談してみてください。自閉症は症状がかなり多く健常者と比べても極めて曖昧です。その多様性などを表した概念図があるのですが、その概念図を「自閉症スペクトラム」と言います。各都道府県ほぼ在ると思いますが日本自閉症協会をはじめ、自閉症の協会が沢山存在します。ホームページもあるので参考にしてみてください。さて自閉症の原因はいまだに解明されていませんが自閉症の90%が遺伝と判明したことから、原因の1つとして「遺伝」が挙げられています。1970年頃、自閉症の原因は母親の育児だと言われてたそうです。他にも家庭環境が自閉症の原因とも言われていたみたいですが、自閉症は本当に発症率の高い障害で先天性の脳機能障害や発達障害と言われているので、育児や家庭環境は自閉症の原因ではないそうです。

.:*・゜    .:*・゜    .:*・゜    .:*・゜    .:*・゜    .:*・゜

自閉症 特徴

自閉症の特徴についても調べてみました。「高機能自閉症」は人と上手くコミュニケーションがとれないといった特徴があるみたいです。人が表情や視線・身振り手振りの動作で意図を伝えようとしても上手く伝わりませんし、逆に自閉症の方も伝えることが出来ないそうです。ゲームやおもちゃなどの知識的な感情にも強い関心があるのが特徴的です。「低機能自閉症」は乗り物への強い関心や数字など特定のものに対する記憶力が高いなどといった特徴があるそうです。自閉症の赤ちゃんの症状の特徴ですが「あやしても笑わない・視線を合わせない」、「ちょっとした音や光でも敏感に反応し常に動き回っている」といった特徴があります。しかし本当に自閉症の症状は人によって違うので、この自閉症の特徴が必ず当て嵌まるとは限りません。さて先程も言いましたが自閉症の特徴に上手くコミュニケーションがとれないといった特徴があります。そこで自閉症の方とコミュニケーションをとる方法の1つに「絵カード」があります。絵カード支援サイトで絵カードをダウンロード出来るので、是非覗いてみてください。難しいですが焦らず自閉症の特徴を探り向き合っていきましょう。


自閉症の子どもと家族の幸せプロジェクト―お父さんもがんばる!「そらまめ式」自閉症療育